MicrosoftがWindows Vista RC1を公開
2006.9.5 Freedom Hearts 管理者 CROUD
運営組織:
AMOT.Inc
TEAM.CROUD.c
掲載サイト:
.NET STATION for FC2
●MicrosoftがWindows Vista RC1を公開
Microsoftは、9月2日(現地時間)に2007年1月に製品出荷を予定しているWindows Vistaの最新β版となるRC1(Release Candidate 1)を、同社のβサイトなどを通じてβテスターなどに公開した。 5月末に公開されたβ2を利用したβテスターからのフィードバックを元に主に安定性の向上などを目的とした改良が加えられ、より製品出荷版に近づいたバージョンに仕上がっている。
 一方で、情報筋によればOEMベンダには、未だに1月のいつの段階でVistaの出荷が開始されるのかは明らかにされていないという。このため、OEMベンダの中には2007年の春モデルの計画について未だに混乱が続いているようだ。

●ビルドは5600へ

 今回公開されたRC1は、ビルド番号が5600となっており、β2のビルド5384に比べて大きく進んでいる。RC1には、英語版、日本語、独語版、仏語版、スペイン語版、アラビア語版が用意されており、Microsoftのβテスター向けサイトなどを通じてβテスターに提供されている。

 画面はβ2とRC1の起動画面だが、どちらにも大きな違いはなく、ほぼ同じデスクトップとなっている。ビルド番号を見なければ違いがわからないほどだ。

 もっとも、違いが少ないというのはβ2からRC1への進化という意味では妥当な判断だろう。というのも、一般的にはRC版というのは、β2でフィードバックされたバグなどをフィックス(修正)してより出荷版に近づける性格のバージョンであり、基本的な機能などはすでにβ2で盛り込まれているため、今後よほどのことが無い限り大幅に変わるということは得ないからだ。

 ただ、細かな部分ではさまざまな修正が行なわれている。ユーザーが目につくところでは、“コンピュータの評価”という項目が変わっている。β2までは、総合評価がすべての項目の中から1番低い数字を選び出され、さらに小数点第1位が切り捨てられていたのに対して、RC1では総合評価にわざわざ総合結果が1番低い得点であるという注意書きを加え、さらに小数点第1位も表示するように変更された。Windowsサイドバーに標準で用意されているガジェットの数が15個から11個に減らされている。

 また、Internet Explorer、Windows Media Player 11など、Windows XP用のβ版が配布されているソフトウェアに関しても最新版になっている。メディアセンターのUIの動作に関しても改良が加えられており、メニューが画面の幅を超えてしまう場合には、ポインターを動かすと左右に“<>”の表示が追加されたり、メディアセンターの動作をフルスクリーンで固定するメニューなどが追加された。

 ただ、日本語版に関しては、未だにヘルプなどが英語のままになっているなど、未完成の部分も残されている。これらに関しては今後リリースが予定されるRC2、RTMなどへの課題として残されることになる。

笠原一輝のユビキタス情報局
MicrosoftがWindows Vista RC1を公開
〜大幅な高速化と向上した安定性
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0904/ubiq165.htm

●今後の展開について

RC1リリースによりまとめサイトの一部仕様が変更される場合があります。現在、まとめサイトの編集を
行っていますが、β2のみを対象としています。現段階でRC1は組み込んでおりません。RC1対象の場
合はRC1対象と語尾につけることを予定しております。

2006/9/5 Freedom Hearts


以上
 
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO