無料アンチウイルスソフト Avast!4 Home Edition インストールから登録まで

2007.4.24
掲載サイト:
.NET STATION for FC2
Avast!4 Home Editionでアンチウイルス駆除対策


 常駐型ウィルス対策ソフトというと、ノートンやウィルスバスターのような市販ソフトが最も機能的に優れ、
フリーソフトではネット中に蔓延するウィルスに対処出来ないというイメージがあるが、それら市販ソフトに
匹敵する機能を持つフリーの常駐型ウィルス対策ソフトを紹介しよう。

 今回紹介するAvast!4は先に紹介した「ZoneAlarm」と併用するとNortonやウイルスバスターと同様のセキ
ュアな環境が構築できる。また、「ZoneAlarm」も「Avast!4」もNorton、ウイルスバスターと共存は出来るので
更にセキュリティの高い環境を構築したければ市販ソフトと同居するほうがいいだろう。
※Norton 2009シリーズとAvast!の共存は出来なくなりました。

 ひとつ注意して欲しいのは、「ZoneAlarm」も「Avast!4」も無料版でありシェアウェア(有償版)よりは機能は劣
る。この両方だけインストールしていればすべての脅威から身を守るわけではないので過信してはならない。
そして、日本特有のウイルスに対してはAvast!4はあまり有効ではない。近年のP2Pソフト「Winny」等で出回っ
た暴露ウイルスに対してはAvast!4はあまり機能していない。検出できる幅がソフトによって異なるのでNorton
やウイルスバスター、マカフィー等の市販のアンチウイルスソフトと共有するほうがお勧めだ。

 Avast!4の特徴は、常駐時の使用メモリが非常に少ないことだ。市販のアンチウイルスソフトや有名どころの
無料アンチウイルスソフトと比べると非常に軽い。それに、Windows Vistaにもいち早く対応した点からアップデー
トのスピードは群を抜いて早い。うれしい点としてはWindows 98/Me/NTを使用中のユーザーにもインストール
が可能で使用が可能という点だろう。

常駐監視時の消費メモリ量

ソフト名 価格 メモリ使用量
Norton AntiVirus 約7,000円 35Mバイト
ウィルスバスター 約6,000円 40Mバイト
マカフィー・ウィルス・スキャン 約5,500円 32Mバイト
avast! フリー 18Mバイト
AVG フリー 20Mバイト

※アンチウイルスソフトのバージョンによっては若干の差がありますので参考程度と思ってください。
 また、価格に関しても随時変更されています。

●Avast!4のダウンロード

■ALWIL Software Avast!4公式ページ(日本語)
 http://www.avast.com/index_jpn.html
※Avast!4HomeEditionのみ無償で使用可能です。

■公式ダウンロードページ
 http://www.avast.com/jpn/download-avast-home.html
※ダウンロードはavast! 4 Home - 日本語 バージョン (length 13.91 MB)をダウンロードしてください。

■ライセンス登録ページ

 英語(デフォルト)
 http://www.avast.com/eng/home-registration.php
 ※Registration languageで日本語がありますので日本語にするといいでしょう。

●Avast!4のインストール

 さっそくAvast!4のインストールを始めてみよう。Avast!4のインストールが完了すると再起動が必要なので
事前に作業中のものは保存しておこう。

1.Avast!4の実行ファイルをダウンロードすると下のような実行ファイルが出来るのでダブルクリックして
 実行しよう。

 

2.実行ファイルをダブルクリックするとセットアップダイアログが出現する。「次へ(N)」をクリックしよう。

 

3.ここではAvast!4の動作環境が記載されている。特に問題なければ「次へ(N)」を
 クリックして先に進もう。

 

4.ライセンス契約では「同意します(A)」を選択し、「次へ(N)」をクリックしよう。

 

5.インストール先は通常CドライブのProgramFilesとなる。問題なければ「次へ(N)」
 をクリックして先に進もう。万が一、Cドライブ以外にした場合は自動アップデート
 が失敗する場合があるのでそのリスクを軽減するためにもデフォルトをお勧めす
 る。

 

6.環境設定ではすでに日本語が選択されており特に設定する必要はないだろう。
 「次へ(N)」をクリックして先に進もう。

 

7.インストール情報を確認し「次へ(N)」をクリックして先に進もう。

 

8.インストールが始まるので数分待とう。

 

9.再起動後にウイルススキャンをするか、しないか、というダイアログが出るので
 絶対にウイルスに感染していないと思う人や時間がないという人は「いいえ(N)」
 を選択。ウイルスに感染している可能性がある人やアンチウイルスソフトを初めて
 導入する人、時間がかかってもいい人は「はい(Y)」を選択しよう。

 

10.セットアップが完了したら、再起動を選択し「終了(F)」をクリックしよう。

 

11.再起動が完了しWindowsが立ち上がると下のようなダイアログが出ることがある。
 これは共存できないソフトウェアがすでにインストールされている場合に起こる現
 象で「WebShieldの透過プロキシモード」を無効にする場合は「はい(Y)」を選択しよ
 う。通常は「はい(Y)」でいいだろう。

 

12.トラブルが無ければ下のダイアログが表示されるはずだ。「OK」をクリック
 しライセンス登録手続き画面に移動しよう。

 

13.再起動後には下の画像のように二つの青いアイコンが出てくる。これがAvast!4のアイコンとなる。

 

14.「i」と書かれたアイコンを右クリックすると下の画像のようにVRDBに関して出てくる。とりあえず
 タスクバーにアイコンが多数並ぶのが嫌な人もいると思うので「avast!メイン・アイコンと統合する」
 をクリックすると、「a」のアイコンひとつになりスッキリする。

 

15.「a」のアイコンを右クリックすると下の画像のようにメイニューが出てくる。

 

16.ライセンス・キーはavast!4の公式ページから入手が可能(無料)なので必ず登録
 してライセンスキーを発行してもらおう。ライセンスの有効期間は12ヶ月間有効で
 再度無料で使用したい場合は12ヵ月後にもう一度ライセンスを更新すれば使用
 可能になる。

 

17.ライセンスが完了すると「メモリとスタートアップの検査」を自動で行い起動する。メモリ
 検査をスキップしたい場合は「メモリ検査を停止(S)」をクリックしよう。

 

18.メモリスキャンが終わると初回に説明ダイアログが出てくる。次回から必要なければ
 「次回からこのウィンドウを表示しない」にチェックを入れ「×」ボタンをクリックしよう。

 

19.下がavast!のメインプログラム(本体)になる。

 

20.本体の箱のようなアイコンをクリックすると下の画像のようにウイルス名が出てくる。

 

21.箱のアイコンのすぐ下の「a」のアイコンは常駐しているスキャナの感度の設定となる。「a」アイコンの下の雷の
 ようなアイコンは自動アップデートのアイコンとなる。通常はデフォルトでいいだろう。右の外付けのドライブのよ
 うなアイコンをクリックすると標準検査、圧縮ファイルの検査の精密度を調整できる画面が表示される。上にす
 るほど精密になるが標準で問題ないだろう。

 

22.CD-ROMのようなアイコンをクリックするとフロッピーディスクやCD-ROMドライブも検査項目に加えるか、加えない
 か選択できる項目が出るので、FDDがない場合やCD-ROMドライブがない場合はチェックを外してもいいだろう。

 

23.フォルダのアイコンをクリックすると下の画像あ現れる。検査したいドライブやフォルダにチェックを入れよう。
 すべて検査したい場合はマイコンピュータにチェックを入れればいい。チェックが完了したら「OK(O)」をクリック
 しAvast!本体の再生ボタンのような実行ボタンを押せばスキャンが始まる。

 

24.avast!4の左上にあるボタンをクリックするとメニューが出るのでここで様々な調整が可能だ。

 

25.avast!4はデフォルトで二つのスキンがある。下はスキンを変更したときの画像になる。好みのスタイル
 でウイルススキャンや操作をするといいだろう。

 

26.Avast!4本体のメニューをクリックし「設定」をクリックすると下のような設定画面が出る。ここで設定の調整が
 可能になる。

 


●アンインストール方法

  アンインストールは「プログラムの追加と削除」からアンインストールが可能。

以上
 
TOPページへ
※記事内容に誤りがある場合があります。ソースはなるべく裏をとっておりますが誤情報を含んでいる場合もありますので
 各社公式ページの情報と各社報道機関の情報を合わせた上でご覧ください。記事の内容については下記から問い合わ
 せください。
 ご意見・ご感想に関するお問い合わせはこちら 
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO